医師の資金調達☆お役立ちガイド

TOP > 医師の資金調達について > 医師が資金調達する時のポイントと計画性

医師が資金調達する時のポイントと計画性

医師の方々は、しばしば資金調達を検討しています。
設備投資などの都合があり、お金を確保したいというニーズを抱えている医師も多いです。
資金を調達する方法も色々ありますが、銀行のサービスを活用している方も多いです。
銀行では、お金に関するサービスを色々提供しています。
例えばローンです。
ローンは、お金を分割で支払えるメリットがあります。
一気に100万円を支払うのは厳しいものの、月に10万円程度なら問題ない時などは、ローン商品が検討される事も多いです。
その他にも、診療報酬を買い取ってもらう方法もあります。
いわゆるファクタリングです。
売掛金の買取サービスを利用する形になりますが、返済の義務が発生しませんから、それを前向きに検討している医師も多いです。
ただ、どのような形でお金を確保するにしても、計画を立てておく必要があります。


そもそも銀行のサービスを利用する時には、審査も受けることになります。
医師という職業の場合は、審査には比較的通りやすい傾向があります。
他の職業と比べると平均年収も高めですし、収入も安定しているからです。
金融会社からの評価も高い職業なので、お金は借りやすいと言われています。
しかし、審査通過率は100%ではありません。
状況によっては審査落ちになる可能性もありますから、注意が必要です。
そのポイントの1つは計画性です。
借りたお金に関する返済の計画性があるかどうかは、重視される傾向があります。
というのも銀行で申し込みをしますと、計画に関する書類も提出する事になります。
今後の返済計画をまとめた書類を提出する事になり、その内容も審査される訳です。
内容に問題があると、審査落ちになる可能性があります。


計画書を作る時には、2つのポイントがあります。
まず1つ目は、客観的な数字が盛り込まれているか否かです。
データや調査などが行われていて、その計算結果が盛り込まれている計画書の場合は、審査に比較的通りやすいと言われています。
逆にその数字が曖昧な計画書の場合は、審査落ちになってしまう可能性もあるので、注意が必要です。
それと2つ目は傾向です。
そもそも医療に関する制度は、たまに変更になる事があります。
将来的な制度の変更なども想定した計画を作っておきますと、審査には通りやすくなります。
逆に無計画な内容になっていると、審査に通りづらくなるケースもあります。
いずれにせよ資金調達をする時は、計画を作っておく必要があります。
金融機関を説得できる計画を作っておけば、審査にも通りやすくなると言われています。

次の記事へ

ページトップへ