医師の資金調達☆お役立ちガイド

TOP > 医師の資金調達について > 医師が急いで資金調達したい時におすすめの2つの方法

医師が急いで資金調達したい時におすすめの2つの方法

資金調達には、スピードが求められる事もあります。
医師も例外ではありません。
例えば設備投資です。
クリニックに新たな設備を導入する時などは、早さが求められる事も少なくありません。
売上などの都合があって、1日も早く資金を調達したくなる事もあります。
医師が資金を調達する方法も色々ありますが、例えば公的機関です。
役所では事業者に対する資金融資も行っていて、申請手続きを行えばお金を借りる事はできます。
ただ役所の場合は、若干日数がかかります。
書類も厳格に審査されますし、必ずしもスムーズに融資を受けられるとは限りません。
スピーディーに資金を確保したいなら、主に2つの選択肢があります。
ローン商品を活用するか、リース会社のサービスを活用する方法があります。
後者は、比較的スピーディーにお金を確保できる事も多いです。


金融関連の会社では、医療従事者向けのローン商品も取り扱っています。
書類を提出してお金を借りる事になりますが、ローンは比較的スピーディーにお金を確保できるメリットがあります。
少なくとも上述の公的融資と比べると、比較的早いです。
例えば、ある東京の金融会社です。
その金融会社の拠点は東京の豊島区にあり、色々な融資商品を取り扱っています。
その1つに医師向けのローン商品があって、3日程度で融資を受ける事ができます。
状況によっては3日以上かかる事もありますが、公的機関よりはスピーディーにお金を確保できるメリットがあります。
公的融資ですと、資金を確保するのに1ヶ月ぐらいかかってしまう事も多いですが、ローン商品なら数日程度でお金を確保できる事も多いので、急いでいる時にはおすすめです。


それとリース会社から資金調達する方法もあります。
医療機器などを借りている医師も多いですが、そのリース会社ではお金を貸し出すサービスも提供している事があります。
リース会社のメリットは、スピードです。
他の手段と比べると、比較的スピーディーにお金を確保できますから、前向きに検討してみる価値はあります。
それと手続きもあまり手間はかかりません。
専門的な書類が求められる訳ではありませんし、比較的手軽に資金を確保できるメリットはあります。
ただリースのサービスの場合は、金利などは若干高めになる傾向はあります。
ローンよりも手数料は高いという声も多いです。
しかしスピーディーにお金を借りられるメリットも大きいので、リースを活用している医師の方々も多いです。
審査も、比較的通りやすい傾向があります。

次の記事へ

ページトップへ