医師の資金調達☆お役立ちガイド

TOP > 医師の資金調達について > 医師がスピーディーに資金調達する方法と早めの申し込み

医師がスピーディーに資金調達する方法と早めの申し込み

歯科医師は、急いでお金を確保したいと考えている事があります。
新たな医療機器を急ぎで導入したいので、早めに資金調達したいというニーズを抱えている医師も多いです。
資金調達の方法は色々ありますが、例えば公的融資という選択肢があります。
最寄りの役所に相談してみれば、融資を受ける事は可能です。
その他にも、銀行に申し込みしてみる手段もあります。
銀行ローンの申し込みをして、資金調達している方も少なくありません。
ですが銀行と公的機関は、手続きに若干時間がかかる傾向があります。
銀行から借りるのは1週間ぐらいかかるケースもありますし、公的機関は1ヶ月ぐらいかかる事も多いです。
ですから急ぎで資金確保したいなら、別の手段が検討される事になります。
例えばファクタリングという方法があります。


ファクタリングの場合は、クリニックが抱えている売掛金を売却する形になります。
歯科クリニックの場合は、診療報酬という売掛金が発生している事が多いです。
ファクタリングの専門業者に連絡しますと、その売掛金を買い取ってくれる訳です。
上述の銀行や公的機関から借りるのと選べると、比較的スピーディーに資金を確保できる傾向があります。
ファクタリングの専門業者によっては、即日に入金してくれる事もあります。
その他にも、買取という手段もあります。
歯科医師によっては、使っていない医療機器を持て余している事があります。
殆ど使っていない場合、それを売却してみる選択肢もあります。
売却すれば現金が入ってきますから、設備投資などのお金に充当する事も可能です。
比較的スピーディーに買い取ってくれる業者も多いです。


ただローン商品にしても、やり方によってはスピーディーに資金確保できる事があります。
一番おすすめなのは、できる限り早めに申し込みを済ませておく事です。
例えば予算が必要な日は、6月10日であるとします。
その場合、6月10日に銀行ローンの申し込みをしても、時間がかかってしまうケースが多いです。
複数の業者が審査を行う都合上、数日かかってしまいます。
それに備えて、4月や5月など早めに申し込みを済ませておく方法もあります。
それぐらい早めに申し込みを済ませておくと、6月10日にスピーディーに資金を調達できるケースも多いです。
早めの申し込みなら、1日や2日程度でお金を借りられるケースもあります。
ですから歯科医師の方々は、早めにローン申し込みの手続きを済ませている事も多いです。

ページトップへ